粘菌

粘菌昨年の梅雨のこと、軒先にあるライラックの切り株に見なれぬ光景を発見。粘菌である。

粘菌は寒暑風湿に応じて、文字通り千変万化する原始的な生命体である。植物とも動物とも分類しきれず、キノコのような形から胞子となって舞い飛んだかと思えば、アメーバのようにもなって微生物を捕食することもある。

おそらく朽ちかけたライラックの切り株を見つけて(一体どうやって⁉)飛来してきたものと思われる。

うまくしたもので隣で元気に葉をつけた株には見向きもしない。そして数日の後には雨季の終焉を予期したかのように忽然と姿を消した。

生命とはこういうものさ、そう言わんばかりに自然の秩序と合目的性を無心に語り、教え諭し、去って行ったように感じた。

「音もなく香もなく常に天地(あめつち)は書かざる経をくりかへしつつ」とい詠じた二宮尊徳翁の心も、里山で暮らし常に自然生命の妙に触れることで紡ぎだされた、裡なる自然の叫びだったのだろう。

その自然はいまも我々の裡に変わらず宿っている。だからこそ生きているものは息も脈も環境に応じて否応なしに変化する。その自然を見失い、ただ生きるということに戸惑い悩む人多し。斯くして大脳進化の必要、ありや、なしや。