ファンタジーの生まれるところ

いきおい子供向けの映画シンカリオンに辛い評価をしてしまったが、そもそも商業ベースのアニメというのはこのぐらいで合格点なのかもしれない。 あとで調べてみるとテレビ放映も打ち切りという形で終わってしまったらしいので、それから頑張って映画をやりまっしょうと言っても、モチベーションから何からクオリティを保つのは難しかったと予想される。 いや、シンカリオンは太郎丸がアマゾンプライムで観ているのを横で観ていて …

1月の教室

1月25日(土)10:00~12:00 整体法の基礎を学ぶための教室を開催します。 内容は仰臥禅・坐禅・活元運動、もしくは野口整体か心理学関係の教材を用意しての座学を行います。 いずれも活元運動の指導は必ず実施します。 参加を希望される方はなるべく前々日までにお申し込みください。 なお教室への参加は当院の個人指導を継続的に受けられている方、もしくはそれに準ずる方に限ります。

おじさんはついていけませんでした

大晦日は太郎丸(5才)と劇場版シンカリオンを観に行った。あとミツコもいっしょに。 内容はまーとにかく、ついていけなかった‥。orz 話が読めん。。 頭からおしりまでロボットの変形シーンばっかりで、疲れたなぁ。 好きか嫌いかでいったら好きだけど、観に行ってよかった、とも思うけど。 エヴァも出てくるし、発音ミクもいるし、ゴジラとかもはやなんでコラボかわからないし、いろいろ詰め込みすぎて観てる方はかなり …

無意識の発見

ひと月ほど前からエレンベルガーの『無意識の発見』を読んでいる。 本の概要を簡単にいえば、心理学及び精神医学の原点を祈祷や祈りといった原初的なシャーマニズムのレベルまでさかのぼり、その実態をあきらかにしようと試みた良書である。 またフロイト以降に排出される個性豊かな治療者たちのパーソナリティや個人的体験を通じて、様々に枝分かれしていった精神医学の各学派を冷静かつ公正な目で人間の心や精神に迫まろうとし …

インプット脳・アウトプット脳

この数ヶ月はアウトプットよりもインプットに偏っているらしく、もっぱら本を読むかスマホでゲームをやるかウダウダするかに終始している(後ろの2つはインプットとは関係ないか‥)。 現代版の三年寝太郎を決め込んでいるつもりなのだが、丁寧に自分の心境を眺めると少しの罪悪感と焦燥感、そして解放感が入り混じったような複雑な心境だ。 あとは「時間がもったいない」という気もする。書くことを考えてる暇があったら1ペー …

活元指導

活元指導教室の告知をしばらくブログで行なっていませんでしたので、こちらにご案内いたします。 現在は原則月の第二木曜日、第四土曜日に活元運動の指導を行っています(臨時変更有)。 本家サイトでは教室の日程を随時更新していますので、今後はそちらを中心にご確認ください。 参加につきましては、原則的にせい氣院の整体個人指導を継続的に受けられている方に限ります。 整体法に対する理解の浅い方、体験目的の方はご遠 …

言者不知

自分で言うにもなんだが、最近web上では多少寡黙になったと思っている(対面では相変わらず多弁)。 過去のブログを見ると我ながらずいぶんガラクタみたいなものを書いてきたと思う。読んでる人はごく僅だとしても、それで余分に惑わせたかもしれない。 だったら消せばいいじゃないかという話なのだが、もはや自分の行録になっているのでモッタイナイ根性で放置している。 迷悟一如という言葉もあるけれども、悟り終ってみた …

汗冷症

毎年のことだけど、そろそろクーラーで身体をこわす人が増えてくるだろう。 冷夏のようだったので例年と少し時期はずれるかも知れないが、まあ大筋の動きとしては大差ないはずだ。 しかし企業とか学校で「来月から冷房がつくので、必要な方は羽織るものをご用意ください」というアナウンスをよく聞くが妙な感じがしてしかたない。 そんなに寒くしなければいいじゃん、というのがごく自然のツッコミ衝動である。 身体感覚の問題 …

思春期の種

息子のジブリデビューが『ラピュタ』になったのはそれなりに理屈がある。 『ナウシカ』にすると蟲(むし)とか巨神兵が怖すぎてトラウマになる可能性があるし、『トトロ』にしてもモチーフとして狭山事件が盛り込まれているのでは?と噂されるだけあって何となくところどころコワイ。 だいたい4、5歳といえば、ほとんどが「思い出せない」時期である。 となると見たもの聞いたもの、体験したものは全部顕在意識を透過して潜在 …