軸とか体幹、そしてインナーマッスル、そういうものが注目されて久しい。 この辺が弱ってしまうと、骨盤の位置は下にさがっていくるし、お尻は重く感じる。その分だけ動作もおっくうになる。 いつも書いているけれども、現代は座り仕事の人はほとんど身体を動かさない生活になる。 筋力の中でも胴体の中心側が弱ってしまうと、まず呼吸が浅くなるし姿勢も保てない。 軸感覚というのが希薄になってしまうのである(現代は最初か …

不登校

自分が小学生の頃はほぼ皆無だったが、現代は不登校児童の話を聞くことが増えた。 せい氣院には学校の先生もお見えになるので、少しだけその辺りの情報を漏れ聞くことができるけれども、言ってみれば一つの教室にそういう児童が一人以上いるのが当然という風潮である。 職業柄、興味のある分野でもあるし日々いろいろな方とお会いするので、何故そのような世相になっているのか自分なりに思いあたるフシもある。 実際、年に1、 …

食息動想

人間の健康を保つ上で「食息動想」の四つの概念を考えよう、という教えがある。 操体法という気持ち良さを基準にする施術を生み出した療法家、橋本敬三先生の思想である。 読んで字の如く食事と呼吸、そして動作、想念、これらの4つ全てが整うことではじめて身体が安定すという話で、言ってみれば四輪車のタイヤだと思えばいいだろう。 どれか一個でもパンクしていたら、他の3つが問題なくても車はまっすぐ走れないのである。 …

シャーマニズム

大学生のころ空手の指導員をやっていた。 スポーツライクな競技空手の道場だったが、以外にも中高年層の方々が健康保持の目的でよく入門してきたものである。 ある初老の男性が入門されて3ヶ月ほど経ったときに、病院でいつもの検査をしたら糖尿病の症状が消えていたという。さらに肝機能検査の数値も改善されていたと笑顔で報告をしてくださったのを覚えている。 お医者さんも「空手ってすごいですね」とおどろかれたそうだが …

セルフイメージ

数年前から「セルフイメージ」という言葉をよく耳にするようになった。「プラス思考」と同様にわかりやすいし、親しみやすいのかもしれない。 「セルフイメージさえ変われば健康も富も自在である」といったふれ込みのもと、セミナーや個人セッションをビジネスにしているケースもよく見かける。 しかし残念ながら少しばかり小銭をはたいたくらいで人間が変わるなど、そんな甘い話はないのである。 高額のセミナーに参加して何か …

呼吸

少し前に禅と瞑想関連の本が多いという記事を書いたが、調べてみると呼吸法の本も昔からたくさん出ている。 長い息で長生きというシャレもなかなか古いが、ある意味真理なのだろう。 しかし世界中に現存する呼吸法を一個一個実践していったら、人生がいくつあっても足らない。 個人的には活元運動の邪気の吐出法と、合気道の故・藤平光一さんが考案された気の呼吸法の2つが最もしっくりいった。 このいづれかを一ヵ月間、まじ …

息吹き

この2週間ばかり昔習った空手の呼吸を毎日やっている。 「息吹き」という強圧の呼吸法なのでパッと見整体らしからぬ、という気もするけれど実は野口整体にも気合法という呼吸鍛錬法が伝承されいる。 これらの強式呼吸のたぐいは一様にして下腹、いわゆる丹田を中心に横隔膜による強力な圧がかかる。そのため肝臓や脾臓に滞留した血液が一呼吸ごとに全身を駆け巡ることになるのだ。 これにより血中酸素が増して、脳の活性化に伴 …

排泄反応

ときどき変に仕事に馴れてしまって、初心の人に「反応」の説明をしなくなってしまう。そういう時に限ってひょっくり強い好転反応を示す方に出くわすから要注意である。 整体操法、活元運動をはじめて行なうとだいたい8割くらいの人が1ヶ月目から3ヶ月の間に反応を起こす。 熱が出たり下痢したりするくらいが定番だが、胆石のような体の中に異物があると場合によってはそれらを急激に体外に出そうとするのである。 『整体入門 …

先ず、着眼を正す

人間の身体は放っておけば必ず治るものである。 治らないのは「何か」が邪魔をしているからなので、その邪魔している「何か」を見つけることが治療の本質なのだ。 その「何か」とは主に思考態度や潜在観念のことで、身体に触れることでこれらを特定し、取り除くことができればあとは漸次癒えていく。 メカニズムは非常に簡単であるが、このためだけに一定の歳月と確たる意志の持続が求められる。 無論病院にかかる場合は上記の …

20年ぶりだと思うがほんのちょっぴりだけ、髪を伸ばしている。 いや19歳のときは後ろで束ねてお侍さん気分だったので、当時よりはずっと短いけれども。 今回気づいたことは髪が伸びると深く悩めるようになる。 小説家や作曲家、宗教家に長髪が多いのはそのためかと思った。 逆に職務上悩むことがゆるされない軍人やお坊さんはみんな短髪か坊主である。 個人的には髷(まげ)を結ったときの意識の統一具合を味わってみたい …