コンステレーションのこと

「コンステレーション」はユング心理学の臨床、精神療法における重要なキーワードの一つだ。

臨床心理の分野では「布置(ふち)」と訳されるけれども、他にも「星座」という意味もあるらしい。

だから感覚としては「それが、そこに、そう在る」というニュアンスなのかな。

臨床心理においては、心の病に苦しむひとりの人が治っていくときに見られる、治癒のプロセスとメカニズムを表現した言葉だ。

それは「誰々が何々をしたからその人が治った」というような、科学的な因果論ではなくて、

クライエント自身の「時が熟した」ことによって、彼を取り巻くすべての環境が一つの目的に向かって動き出し、その結果「治るべくして〈自然に〉治った」という非科学的、非合理的な考え方だ。

それは「共時性(シンクロニシティ)」とかいわれる、「意味のある偶然の一致」を肯定的にみる視点になる。

つまりザックリ言えば「偶然」とか「たまたま」そうなった、ということ。あらゆるできごとが協力的に巻き起こった結果、何故かはわからないけれども、うまく治ったという考え方だ。

それを日本語では「布置(ふち)」と訳しているけれども、これだとスーッと頭に入ってこない。そもそも普段の会話で「布置」とかいわないから。

そこで日本におけるユング心理学の草分け的存在、河合隼雄先生はこのコンステレーションのことを「めぐり合わせ」という言葉を当てています。さすが国語力が高い(もとは数学の先生なのに)。

それで、とにかく、

そう、人はみんな「めぐり合わせ」で治っている、ということです。

例えばせい氣院に来られる人でも、自律神経失調症とか抑うつ症などで悩んでいる方がうちのホームページはずっと前から見ているんだけど、実際に来院されるまでに1年とか2年くらいずっと考えて、それからやっと来られることがあります。

それまでにいろんなところに行っていろんな他の先生の話を聞いて治療を受けて、体験を積んで知見も深めて、うーんじゃあそろそろ「せい氣院」にも行ってみるかみたいな。

で、ウチに来てすぐに「治る」のかっていうと、あんまり良くならなかったりして‥。

それからまた他所に行ったり、前にお世話になっていた治療家の先生や団体にもまた行ったり来たりして、そうやってまた何年か経つうちに何となく良くなっていく、とか‥。

こんな風に、特に心の問題や精神的な病の治癒というのはある時に「ズバッ!と治りました!」というようなことはあんまりない、と思う。経験上。

何となくゆらゆら‥ふらふら‥と揺れながらブレながら、いつもの生活がつづいていって、何となくどこかへ向かって流れていってる。

それである日気がついたら今まで必要だった「支え」がいらなくなってた、みたいな。「あら?」、という感じの治癒ケースはけっこう多い。

だからそういうことをもう少し謙虚に、かつ広い視野で眺めてみると「めぐり合わせ」で治った、という考え方が自然と湧いてくる。

だからこそ良質の経験を多く積んだ治療者というのは、できるだけその「めぐり合わせ」とか「偶然の治癒」が発現しやすいように、可能な限り何んにもしない、という態度で「待つ」ようになっていく。

できるだけ自然体のあるがままに徹するようにして、ひたすら待っている、ということがカウンセラーのたった一つの技術だとも言える。

野口整体でもその点はちょっと似ていて、

例えば創始者 野口晴哉先生の『治療の書』の中にこんな表現がある。

我治めて治療あり 我慎みて治療あり。

我 我無くしてのみ治療あり。

治療といへること 我が行ふに非ず。人に施すことに非ず 治すことにも非ざる也。

たゞ我 我無くして靖らかなる為也。宇宙の靖らかなる為也。(野口晴哉著『治療の書』全生社 p.131)

ちょっと古い言葉だから難しいけれども、つまりは私の方から相手に向かって何かはたらきかけをする、そういうことを徹底して慎むことを奨めている。

治療、治療っていっても、「何かする」ばっかりが能ではない、と。

「何にもしない」という中にも素晴らしい解決力があるんだと、そういうことを言っているんですね。解決しない、という解決策というか‥。

そして実はこの「何にもしないときにものごとって一番うまくいく」という考え方が、実は中国の古典思想である「老子」とか「荘子」の中にはよく出てくる。よく出てくるどころか、そればっかり、というか「そういう本」みたいな。

ユングが中年期以降に東洋思想に傾倒していったこと、そして野口先生が子どもの頃から荘子を愛読していたことが相まって、科学的な治療とは真逆の発想で人を強く健康の道へ導いていく方法を開拓していった、といえそうです。

いってみれば自然科学が至上の時代に、その科学のおよばない領域を補償するかのように東洋思想を有効利用している。

だからこの「コンステレーション」は近現代の治療に於けるの「最後の砦」みたいなもの、と言ったら少し大げさかもしれないけれども、実際そんな側面がある。

いろんな方法を試しても上手く治らない、どうしようか‥もう疲れちゃった‥みたいなときにこういう「めぐり合わせ」の方法ってのがどっからともなく、ひょっと現れたりして…「それで治る」ということを経験の浅い私でもたまさか見てきた。

かといって本当に何もしないわけではなく、「何か」はするんだけど。

何か「努力」、みたいなものを‥。

そういう人為的な「治療」とか「努力」はあっていいんだけれども、それだけではカバーしきれない何か、っていうのがやはりあって、そちらも心のどこかで大切にはする。そういう姿勢があると「偶然」は誰にでも味方してくれるような気がする。

昔から「人事を尽くして天命を待つ」という言葉があるけれども、人間的努力と天の采配、というこの両方の相乗効果。浄土真宗の「他力本願」とかっていうのも、こういうことをいっているのかもしれないけど。

長くなったけど、「コンステレーション」ていうのは大枠としてはこういう「見えない秩序」が宇宙とか自然生命の中にはあるんだ、という信頼に裏打ちされた概念だ。

そういう「見えない力」がこの世にはある、ということを知っておくと「いよいよもうだめかな‥」というような局面になっても、もうちょっとそこで腹を括って待てる、みたいなところが出てくると思う。

自分の力だけが全てじゃない、ということですね。どっかで「何か」が味方をしてくれる。実は今までがそうだったし、そしてこれからも。

そういう運を味方につける態度を訓練しておくことも、心理カウンセリングとか整体指導の中には隠れた役割として入っているような気はする。

いってみれば「運命を味方につける」ことがユング心理学と野口整体の共通項、なのかもしれない。