活元会 2017.9.21:野口整体とは生命に対しての礼

今日の活元会でした。教材のテーマは「生命に対しての礼」。

「野口整体とは何か?」と問われたときに、まず思い浮かべるのは「いのちを大事にすることだ」ということである。

それは自分の生命も大事にするし、他人の生命も大切にあつかっていく。

そういう考え方を身をもって学んでいく姿勢を「野口整体」だと、こういうふうに呼んでみるとしっくりいく感じがする。

そのために活元運動を学び、愉気法を学び、整体操法を修めていく。

そういうような心づもりでつづけていくと、2年3年と経ったときに、きっと身体のほうがそうした気持ちに応えて変わってきてくれるはずだ。

ところで今日の教材に書かれていたが、この活元運動というのはもともと秘伝であったのだ。

見ため的にも不特定多数への公開をはばかるという面もあったと思うが、それ以上にみんなで「やる気」になってやっていただかないと、遊びとも健身法ともつかない変な集まりになりかねない。

今のように、あちらでもこちらでも手軽に体験できるようになると、有難味というのがうすれるが、往時は高いの講習料を納めてはじめて習うことができる貴重なものだったのである。

プラシーボ効果だといえばそうかもしれないが、それだけのお金をはらって一生懸命やるのだから目ざましい効果があったと予想される。

むかし、親鸞というお坊さんが「南無阿弥陀仏といえば救われます」といって村の人たちに説いてまわったという有名な話がある。

そういう現代の人ならなかなか信じないようなことでも、当時本気でその「念仏」に取り組んだ人たちの中には、それで救われた人がだいぶいたと思うのだ。

「信仰」というものには概してそうした要素があって、なにか軽いアソビ程度のものだと思って半信半疑でやっていたら、何ごともたいした恩恵には預かれない。

「ああ、これはすばらしい」、「これなら間違いなさそうだ」と思って心を一つにしてやっていくと、何でもモノになるものだ。

これは教える方、指導者の力量も深くかかわってくる問題なので、一概に学ぶ人にばかり責任を負わせるわけにはいかないのだが。

しかし、うちのような歴史のない指導室でも数年つづけた人たちをみると、やはりどこか普通の人とは雰囲気がちがってくるから大したものだと思う。

すこし見なれてくると「整体の人」というのは、すぐに見分けがつくから面白い。

効果のほどは実際に体験してみないことにはわからなのだが、何にせよ自分で心血を注いて育てた身体というのは財産なのだ。

だれかに盗られたり、落っことしてなくすようなこともないのだから、ぜひそういう「体育」というのを楽しみながらつづけていかれたら、それはそれで実りのある時間だと思う。

歳月を重ねてだんだんと心身が成長して行く姿をみるのは楽しい。整体は一生ものなのである。