生理痛は頭を休めて寝ること

このブログ内でも何度も書いてきたが、いつもこられる女性をみると改めてスマホとパソコンの被害は軽視できないと思った。

生理痛や生理不順にはじまり、妊娠中のつわりや腰痛・腹痛などは、だいたい2日くらいパソコンを見ないだけで軽減できるものが大半である。

これは40年以上前の野口先生の文章にも見つかる話で、「キーパンチャーのような仕事は女性に向かない」といった内容が記されていた。おそらく、指の使い方、それから目の負担など、総合的かつ直観的にとらえたものだろう。

そうはいっても今時パソコンを使わない仕事を探す方が大変かもしれない。だからといって希望の持てないような話かというと、その気にさえなればある程度はコントロールできるものだ。

可能な方はパソコンを使用する時間帯をシフトするだけで、なかなか良好な結果が得られることがわかった。簡単に言えば寝入りばなに画面を観ない、というそれだけでいい。

どうしてもやめられない仕事なら仕方ないけれど(これも本気になればやめられるのだが)、個別に訊いてみると用もないのに電車の中や夜中にネットサーフィンをしてる人は存外に多い。

やってみると一番は頭の働きが変わる。具体的には、出どころの判らない不安や怒りが消えていく。その人の住む世界が静かになるのだ。

生理痛生理不順や妊娠前後のトラブルで病院や治療院にかかるなら、ますその前に1週間の早寝とデジタルデトックスを勧めたい。おそらくは何らかの恩恵は得られるだろう。