坐禅・活元運動の会 2018.6.14

今日は坐禅・活元運動の会でした。

坐禅は前回と同じく30分を2回です。

慣れない方からすればちょっと長く感じるかもしれませんが、日常の意識から「瞑想モード」に切り替わるにはこれくらいが調度いいかなと思っています。

特にうちの場合は途中で休んでも、寝っころがっても可ですから、どなたでも「修行」しやすいです(笑)。

活元運動も今日はみなさんよく出ていらっしゃいました。ちらほらベテランという感じになってきた方もいます。月に一回で一年ほど続けると、「らしく」なってきますね。

なんにしても暑からず寒からずで(ちょっと蒸し暑かったですかね ^^;)、教室もやりやすい季節です。

次回は6月23日です。

いつも通り参加を希望される方は前々日までにメールにてお申し込みください。

6月 坐禅・活元運動の会

6月の坐禅・活元運動の会を下記の日程で行います。

■日程

○6/14(木)10:00-12:45

○6/23(土)10:00-12:45

※13:00頃まで茶話会(自由参加)

 

■内容

背骨の呼吸(10分)坐禅(40分×2)活元運動(45分)

坐禅の時間はやや長めにとってあります。坐りたい方は時間いっぱいしっかり坐って、初心の方や不馴れな方は随時休憩をしながら行います。

深いリラックスをともなった瞑想と心身のゆるみがテーマですので、年齢・性別・体力を問わずどなたでも楽にできるような内容を心掛けています。

終了後にはお茶をご用意いたします。ご質問などあればこのときにお尋ねください。

 

■参加費

2,000円 ※なるべくおつりの必要がないようにご協力をお願いいたします。

 

■服装・その他のご案内

着衣は天然素材のゆったりしたものが適しています。

汗をかく時期になってきましたので、着替えが余分に必要と思われる方は各自ご用意ください。

 

■お申し込み

ご参加を希望される方は前々日までにメールフォームよりお申し込みください。

坐禅・活元運動の会 2018.5.26

今日は坐禅・活元会でした。

いつも通り坐骨・骨盤の用法と意識の関係性いついてご説明してから、2炷坐りました。

そのあと本日はイレギュラーに足指廻しと股割り、腰割りで股関節を刺戟して、自律神経を整える動作を行いました。

活元運動も平常通り。

毎度、何でもないようなことなんだけど、深いリラックス状態にもっていくにはとても有効なカリキュラムだと自負しております。

来月の予定は近日公開いたします。

志ある方はご参加ください。

5月 活元会のお知らせ

 

5月の坐禅・活元運動の会を下記の日程で行います。

■日程

○5/10(木)10:00-12:45

○5/26(土)10:00-12:45

※13:00頃まで茶話会(自由参加)

 

■内容

背骨の呼吸(10分)坐禅(45分×2)活元運動(45分)

休憩をはさみながらゆったり行います。老若男女、体力を問わずどなたでもできるような内容を心掛けています。

終了後にはお茶をご用意いたします。ご質問などあればこのときにお尋ねください。

 

■参加費

2,000円 ※なるべくおつりの必要がないようにご協力をお願いいたします。

 

■服装・その他のご案内

着衣は天然素材のゆったりしたものが適しています。

汗をかく時期になってきましたので、着替えが余分に必要と思われる方は各自ご用意ください。

 

■お申し込み

ご参加を希望される方は前々日までにメールフォームよりお申し込みください。

坐禅・活元会 2018.4.28

今日は坐禅・活元会でした。

坐禅は安楽の法門と言われています。

坐禅をして「悟ったら」楽になる、という話ではなくて「禅」というものが既に全人類を救っている、という意味です。

自分がこれに気づくための方便が「修行」です。

そして「坐」という修行法が多くの方にとって親しみやすい形なので現代まで残ってきた、ということでしょう。

ただし、坐禅だけでは身体がコチコチになってしまう人がいます。

またもともと凝りのひどい人や関節の堅い方などは苦しいものがあります。

ですからうちでは坐りの形にはそこまで固執しません。

無理なくピタッとできる自然な坐相を取っていただければそれで結構です。

今日は45分の坐禅を2回、それから活元運動を行ないました。

生きているとなかなか悩みはつきないものですが、考え方を離れて事実に触れるときっと楽になるはずです。

来月は下の日程で2回行なう予定です。

5月10日(木)10:00-13:00

5月26日(土)10:00-13:00

ご参加を希望される方は各開催日の前々日までに、メールフォームよりお申し込みください。

4月 活元会のお知らせ

 

4月の坐禅・活元運動の会を下記の日程で行います。

■日程

○4/12(木)10:00-12:30

○4/28(土)10:00-12:30

※12:30-13:00頃まで茶話会(質疑応答)

 

■内容(今月より内容変更)

脊髄行気法(背骨に息を通すイメージ:5~10分)、坐禅(25分×2)、活元運動(動禅:1時間)、脊髄行気法の流れで実施いたします。

3月につづいて瞑想がテーマです。頭を休めぼんやりすることで、こころのままに任せる感覚を味わいます。

 

■参加費

2,000円

 

■服装・その他のご案内

着衣は天然素材で白系の落ち着いたものが適しています(色柄も可です)。

必要に応じて中に着るもの、羽織るものをお持ちください。水・お茶類のみ持参可。

 

■お申し込み

ご参加を希望される方は前々日までにメールフォームよりお申し込みください。

3月 活元会のお知らせ

3月の活元運動の会を下記の日程で行います。

 

■日程

○3/1 (木)10:00-12:30

○3/10(土)10:00-12:30

○3/15(木)10:00-12:30

○3/24(土)10:00-12:30

※12:30-13:00頃まで茶話会(質疑応答)

 

■内容(今月より内容変更)

脊髄行気法(5~10分)(背骨を感じて気を集める訓練)、坐禅(25分×2)、活元運動(動禅:1時間)、脊髄行気法の流れで実施いたします。

今月は知的理解に先行して、実践を重んじる形にしました。初心の方が来られた場合のみ簡単な説明を行います。

 

■参加費

2,000円

 

■服装・その他のご案内

着衣は天然素材で白系の落ち着いたものが適しています(色柄も可です)。

必要に応じて中に着るもの、羽織るものをお持ちください。水・お茶類のみ持参可。

 

■心得

当会は身心両面から自分を知り、よりよく生きるための修養を目的としています。

自分自身のこころ・からだ・いのちに真面目に向き合う準備の出来ている方のみ、継続を前提にご参加くださいますようお願いいたします。

体験・お試し・おアソビが目的の方はご遠慮ください。ご質問には丁寧にお答えいたしますので、下記のフォームからお問い合わせください。

 

■お申し込み

ご参加を希望される方は前々日までにメールフォームよりお申し込みください。

2月 活元会のお知らせ

2月の活元運動の会を下記の日程で行います。

 

■日程

○2/1 (木)10:00-12:30

○2/10(土)10:00-12:30

○2/15(木)10:00-12:30

○2/24(土)10:00-12:30

※12:30-13:00頃まで茶話会

 

■内容

前半は野口整体やユング心理学の資料を使っての心と体の勉強会です。後半は活元運動を丁寧に実習します。

終了後はお茶の時間があります。(13:00くらいまでの自由参加です)

 

■参加費

2,000円

 

■服装・その他のご案内

着衣は天然素材で白系の落ち着いたものが適しています(色柄も可です)。

お部屋は暖めておきますが寒い時期ですので、中に着るもの、羽織るものがあると便利です。

 

■お申し込み

ご参加を希望される方は前々日までにメールフォームよりお申し込みください。

活元会 2018.1.18:「心の時代」における野口整体の役割

今日は活元会でした。

ちなみに今年三回目です。報告してませんでしたが‥。

教材は昨年に続いて『ユング心理学と現代の危機』です。今年からは安藤治先生の【「心の時代」と現代心理学】 の項に入っております。

「心の時代」という言葉がささやかれて久しいと思いますが、およ20世紀末から西洋を中心に「心の問題」に如何にして取り組むかということが折に触れ議論されつづけてきました。

そのような土壌の中から一部の有識者層によって東洋宗教に目が向けられ、その修行法(禅、ヨーガ、気功など)の中から宗教色を排した「ボディワーク」という形で「心の治療」として取り入れられて既に一定の効果を挙げてきています。

そういった経緯の中で「野口整体」(の活元運動)というのも、近代化(西洋化)によって身体性が半ば荒廃した現代日本において、潜在需要が高まっているという見方ができるわけですね。

とにもかくにも「人生をどういきるか」ということに答えるものを人類はずっと探し続けて来た、といっていいでしょう。

欧米の場合は中世以来「キリスト教」という大きな枠の中で(宗派ごとに多少の協議の差はあるにせよ)、かろうじてそれが行われてきたのですが‥。

そうして近代、それから現代という流れの中で徐々にキリスト教は求心力を失い、それにとって代わるように「科学」が台頭したわけです。

そして今日、その科学が人間の「生きる、死ぬ」という根源的な問いに答えるだけの力を有さないことが明らかになったことで、いわば右往左往しているのが欧・米と、その「薫陶」を受けた東洋の中の一部諸国ということになります。

そこでいま重要な鍵とみなされているのが、「身体」です。

20世紀の先進(と称する)諸国ではこの身体が過度に軽視され、近代科学的理性によって蹂躙され続けてきました。

しかし実際はこの「身体」にこそ全人類を救う鍵がある、ということに時代が気づき始めたと言えます。

すなわちこれを「どのように教育するか」によって、人間の生きざまというのは、天地ほどの差を生む。そういう事実がアカデミズムの俎上にあがったということは非常に大きなことです。

活元運動をやるにしても、こういう社会的意義というのを知った上でやるのと、そうでないのではやはり入れ込み方が違ってくると思いますので(少なくとも僕の場合はそうなので)、せい氣院ではその辺の予備知識にこだわるという結果になっています。

理屈は大切なのです。

その一方で論より証拠、という言葉もあります。

東洋宗教は「知行合一(陽明学)」「教行一致(天台宗)」など、理論と実践の整合性を重んじるものですから、両輪のバランスを失わないように次回以降も坐学と実習半々で引きつづきやって行こうと思っています。

今日はお茶の時間も若干楽しかったです。

次回の活元会は1月27日(土)です

(今日のおすすめ図書)

1月 活元会のお知らせ

1月の活元運動の会を下記の日程で行います。

■日程

1/4(木)10:00-12:30

1/13 (土)10:00-12:30

1/18(木)10:00-12:30

1/27(土)10:00-12:30

※12:30-13:00頃まで茶話会

■内容

前半は野口整体やユング心理学の資料を使っての心と体の勉強会です。後半は活元運動を丁寧に実習いたします。

終了後はお茶の時間があります。(13:00くらいまでの自由参加です)

■参加費

2,000円

■その他のご案内

着衣は天然素材で白系の落ち着いたものが適しています(色柄も可です)。お部屋は暖めておきますが、冬場ですので羽織るものなどお持ちになるとよいかもしれません。

ご参加を希望される方は前々日までにメールフォームよりお申し込みください。