体癖論とタイプ論

野口整体とユング心理学を併学しているので、どうしても体癖論とタイプ論の整合性が気になる。

体癖とは全部で5つある腰の骨に対してそれぞれ、思考(上下型)・感情(左右型)・闘志(捻れ型)・愛憎(開閉型)・理性(前後型)といった気質を適合させ、さらにそれを積極性と消極性の2つに分けた。

こんな風に無理やり一文に詰め込むと素養のない方からすれば訳がわからないと思いますが‥。

とにかくまあ、5×2で計10種類の体癖素質(その人なりの気質や感受性傾向)に分類される。

これに対してユングのタイプ論ははるかに知名度は高いと思われるが、思考・感情、直観・感覚の4つの機能に対して外向的・内向的の×2であるから合計は8になる。

細かい組み合わせについては割愛するが、一つ一つ当てはめて考えていくと10引く8で結果、体癖論の闘志(捻れ型)の2つが余る。

また体癖論はその名の通り身体性から出発した分類法なのに対して、タイプ論はユングの臨床経験と自身のヨーガ(瞑想)体験による無意識の探索から紡ぎ出された理論である(ユングはおそらく「身体」には着目していないと思われる)。

これだけ出自が違えども、お互いを組み合わせていくと意外に整合性が取れる面があって興味深い。

現時点としてはまだ自分の思索内で漠としたまま動めいているが、もうあと1、2ヶ月したらすっきりまとまってホームページにアップできそうな気がしている。

「まとまったらそれがどうなるんだ」という自分ツッコミもあるのだが、おそらくは二つの立ち位置から対象を捉える「複眼」になるために、人間の捉え方がもう一つ立体的になるだろう。もちろんこれは臨床にも活かせるはずだ。

しかしユングの場合は思考・感情、直観・感覚この4つすべての機能をバランスよく発達させることで人格の円満な成長を推奨するのに対し、野口の体癖論では「体癖は生涯変わらない」と説く。

それはつまり「花は紅、柳は緑」の理論で、「欠点を克服する暇があるなら長所を伸ばせ、そうするれば欠点は消える」といった見方である。

どちらも個人の特性を如何に成長させ、どう活かすか、という目標に向かう態度ではあるが、これこそ各々の「個性」が際立つ結果となっているのは面白い。

また、よく考えてみれば「人格の成長」とひと口に言っても、具体的には一体どのような変化をもって成長と呼ぶべきかはむずかしい問題である。

そこに解答の多様性と人間探求の奥深さが見て取れる。

整体も心理学も「ゴール」や「正解」のない無形の学問であるために、その答えは個人の資質と感受性に委ねられるのだ。

いずれにしても最終的には自分の資質を見究めることに尽きる。これに一生を捧げるという点だけは揺るぎない共通項であろう。

そこで身体というのが重要な鍵になる。「身体の可能性を拓く」ということが現代のブームになりつつあるが、野口整体はだいぶ先駆けに位置していたものと思われる。これは大きなアドバンテージだろう。

一方で整体法はとにかく個人的経験を積むことで主観を磨くが、心理学というのは一応アカデミズムの約束事を順守しなければならないので客観性を重んじる。

結果的にはお互いが補償の関係になる。

長くなったけれども、野口整体もユング心理学も本気で勉強しようと思ったら人生がいくつあっても足りない規模のものである。全ては学びつくせないにしても、両方の強みを生かして自分なりの人間理解を構築していきたいと思っているのだ。

 

体癖理解までの果てしない道のり

先日の活元会では茶話会の時に「体癖」の話になりました(若干盛り上がった気が‥)。

野口整体に興味を持たれると、まず最初にピン!とくるのは「体癖」であることは多いのです。私もそうでしたし‥。

見ようによっては「動物占い」みたいで面白いですし、何故あの人はああなのか、自分はこうなのか、ということについて少しでも原因らしきものが解ると(一時的に)ラクにもなりますから。

ただし「体癖の知識を得る」ということと「体験的に理解する」というレベルの間には大ーきな隔たりがあります。‥と思います。

身体、特に腰椎を観て、触れて「〇〇種」である、ということがきちっと解るには‥まず豊富な臨床経験が必須であることはもちろん、自分の内的な身体感覚が相当高度にならなければ無理でしょう。

自分の身体のレベルまでしか他者を理解することができない、のは「原則」ですから。

それから、仮にある程度「ワカる」ようになってからでも、今度はそれを「何のためにどう使うか」ということはさらに重要です。

プロならばその体癖感受性を上手に使って、‥平たく言えば相手を「元気にする」ために活かすのですが、この辺りも「人間の複雑性」を知れば知るほど「慎重」にならざるを得なくなります。

まぁ‥、だからやっぱり興味をもって一生懸命、毎日毎日研鑚して本当に「体癖」を活かせるようになるにはゆうに20年はかかりますかね。

そんなように思います。

悪くすれば「私は〇〇だから△△なんだ」という思考停止になりますから。これでは自分という生の実体にぶつかりブツカリしながら進んで行くべき自己探求が頓挫してしまいます。

もちろんアマチュアの方が〔身体・いのち〕という広大な海を「波打ちぎわか望んでいる」程度なら、そこまで入れ込んで調べる必要はないかもしれませんが‥。

実際に心というものに身体を通じてずっと向き合っていくと、人間というものがどれくらい解らないか、ということがだんだん、だんだん判ってくるものです。

また本来「自分を知る」という長く険しい道のりは「茨の道」だと、またそうでなければならないと思うのです。

体癖というのは、そういうある種「危険地帯」を歩むための指針の一つ、息杖みたいなものだと思えばいいんじゃないかと、最近はそう思います。

そういう意味で自己を知るための近道はないと思って、精進あるのみ、なんですよね。自分は、まだまだです。

(今日のおすすめ図書)

影をなくした男

シャミッソー作『影をなくした男』を読んだ。

wikiによるあらすじはこちら

物語の主人公シュレミールが自分の影を大金(無限に金貨が出てくる袋)と引き換えに悪魔に売り渡したことからさまざまな出会いと別れ、そして深い自己内省の後に開かれる第三の道。

まさしく個人の人生の縮図として象徴化された物語といえる。そこで、シュレミールが手放してしまった「自分の影」とは一体何を象徴しているのか?という深読みが他の本やネット上でよくなされている。

心理学的に読もうとするならば、まず「影」といった場合それは「心の中に潜在する上手く生きられていない自分」を指す。

“影をなくした男” の続きを読む

五種体癖の働き方・生き方

横浜駅西口にいたパントマイマー。きれいな肩と前腕にしばらく見とれた。五種というのは手(前腕)を動かすことに快感があるらしく、体操選手やダンサーには5種の濃い人が多い。

何よりパントマイマーという職業が冒険を好む5種的な動きそのものだ。これがもし二種や六種だったらこんな風に往来に立つこと自体がまず考えられない。

重心が前(つま先)にあるので、体勢をよく前のめりにしている。そのせいなのか、何かと前に前に出てきやすい。というより、たえずつんのめっているようなものなので「前に出るという衝動を抑えられない」といった印象を受ける。

それにしても、こういうふうに身体の素質とライフスタイルがマッチングしていると、見ているほうまで何となく落ち着くからふしぎだ。

身体と動作と風景が融け合って、一枚の絵のように観える。帽子がなかったらまた違って見えたろうけど、かぶり方まで巧い。自分を客観視できるということは高尚な能力だ。

しかし自分が「何故そうして生きているのか」までを理解して生活する人となると、その数はぐっと少なくなるだろう。そういう意味で整体的な観察眼というのは、身体と生き方の不一致を見つけ出し正すためにあると考えてもいいと思う。

5月 野口整体を学ぶ活元会

今月の活元指導の会についてご案内いたします。

・日時 5月28日(土)10時30分~13時00分(受付10時より)
・場所 せい氣院内
・費用 2,500円(初回3,000円)
・内容 坐学・活元運動・行気法(正坐での呼吸)
・終了後は茶話会を用意しております。(自由参加・14時頃まで)

R0013747

■坐学の内容

今月の教材は野口晴哉先生の『体癖』から資料を用意して音読をいたします。

体癖とは野口先生が整体指導の場で多くの人を見て触れて観察した経験をもとに、「身体の形」とその人独自の「感受性傾向」を10種類にまとめたものです。

整体特有の人間理解の方法ということになりますが、今回の坐学では「自分の体癖を知る」ということよりも、感情エネルギーと身体に現れる動作や疲労とのつながりを理解できるような内容を扱う予定でいます。

「心と体」が実際どのように相互に作用しているのかを体験的に理解を深めることは、自分自身が「どう動けばいいのか」、ひいては「どう生きればいいのか」を知るための大切な指針となるはずです。

当日は質疑応答もできるだけお受けしたいと思います。日頃から「体癖」に関心、疑問をお持ちの方はお越しになられた際にお訊ねください。

■お申し込み

初めて参加を希望される方は1週間前までに、HPの「予約・お問い合わせ」画面より必要項目をご記入のうえお申し込みください。その他の方は、前々日までにメールにて参加の希望をお知らせください。

よろしくお願いいたします。

野口整体 せい氣院
045-321-2521
info@seikiin.com

九種体癖の働き方・生き方

野口整体を知ってからようやく10年経つ。それでいていまだに「体癖」はわからないことが多い。ただわからないなりに体験を積んで少しずつ「わかる」ことも増えてきたのだが、最後の最後まで見分けがつかなかったのが「開閉型九・十種」である。

個人的には「捻じれ型」が最初からわかりやすい方だった。情動を起こすと全体の格好も、椎骨もみんな捻じれてくるのだ(詳しいことはまた「捻れ型」として別に書こうと思う)。これに次いで、上下型・前後型・左右型もそこまで難しいという印象はない。だけれども「閉型(九種)開型(十種)」は、特に後者が未だに見分けにくいと思っている。

分かる範囲で例を挙げると、例えば会社務めの人が「仕事(指示されたこと)に納得がいかない」といって凝固している時には、まず「この人は九種ではないか」と疑ってみる。とにかく九種は「不合理」だったり「自分の価値観」から外れたことを、言われた通りにやることが耐えられない。「何故この人(たち)はこんな事をしているんだろう?」思ったり、嘘とか誤魔化しを見つけると途端にやる気が失せる。かといってパッパと仕事を辞めたり変えたり出来ないとなると(だいたい辞めるが)、そういう不満が内攻してまず身体の全体に力が入って縮こまってくる。

そうしてから「自分はなんでこんな風にやる気が出ないんだろう」と考えたり、「周囲に適応できない自分を駄目だ」と思って引き籠ったりすることもある。こんな事例を考えていくと、やっぱりお互いに体癖感受性を理解し合うことの意義は大きい。もともと九種の感受性は虎とか熊みたいに自分で考えて独りで行動する様になっているので、集団の中にいると力を最大限に発揮することはできない。そうした集団生活の中で内向したエネルギーは、爆発のタイミングを謀ってじーっと待っているようなところがある。

九種が生活環境を容易に変えられないとすると、停滞した圧縮エネルギーはどうなるだろうか。このような鬱散の方法はどのような体癖であっても身体を毀さないために非常に重要である。力が抜けない時は身体全体が凝固しているから、まず「ゆるむ」きっかけを与えることが必要だ。そして、ゆるみはじまると要求がはっきりしてくるから、その人の気が集まることをその人のタイミングで充分やらせるという方法を取ればいい。いわゆる「ガス抜き」みたいなことになるが、エネルギーの流れる「水路」を上手く作ってやるのが九種的圧縮エネルギーの自他破壊欲求を未然に消化するやり方である。

少し抽象的な話になったが、九種が集団の中に埋もれて力を出せないでいるのを見るつい気の毒になる。個人的には「みにくいアヒルの子」の話を聞くといつも「体癖」を思い浮かべるのだが、あれは白鳥がアヒルより素晴らしいという話ではなく、「自分を知らず、他者もわからず」では社会全体に余分な摩擦や軋轢が増えるという話だと思う。アヒルはアヒルとしての活動様式があり、白鳥は白鳥として生きると楽であり快なのである。実際のところ「苦手」と「得意」は一つの特性の表と裏なので、苦労したことで自分なりの「個性の光」が見つかることもあるから、殆どの適応障害は自己実現の前兆と考えていいのではないか。

9種話を九種に戻すと、最近新たに解ったことがある。「知音」という言葉があるが、九種は本当の理解者に出会うとようやく、少しずつ心を開く。だから彼らを指導するときには偽りのない、深い共感的理解は必須である。かといって変に「合わせられる」のも大嫌いである。そういう気配があるというだけでさっと防御の殻を閉じるから厄介なのだ。ずっと考えていくと、そもそもが人に相談するようなタマではない。だから九種を指導するには野性的勢いを引き出しつつ、放し飼いで育てるという技術が要る。早い話が「ただ待つ」というそれ以外にない。全部自分の体験知である。

捻れ型ハンバーグ

せい氣院の妻ミツコです。

昨日は蓮根ハンバーグをつくった。

種がとっても増えたので、何個も焼くのが面倒臭くなってえいっとジャンボハンバーグにした。

先生は久々のがっつりハンバーグでご機嫌、

「捻れ型のハンバーグだね。」

発想が「捻れ型」だという。野口整体には「体癖」といって、身体の相から生まれる感受性の傾向をまとめた概念がある。捻じれ型と言うのは総じて「ボリューム」を好むらしいのだけど、それ以前に私は料理のレシピを見てもその通りに作った試しがない。

何か自分らしさを表現したいのだろうか、こうしたほうが面白いじゃん、的な発想で行動してしまうところは確かにあるし、子どもとか一緒に作ったら絶対楽しいだろうなぁと思う。

反対に絶対こういうことをしないのは「上下型」、特に二種体癖だそう。

ジャンボにしたせいで火の通り具合がギリギリだったので焦ったけど、まあ先生もにこにこ食べてくれたのでほっとした。

結婚当初だったら、「まずレシピ通りに作ってから、アレンジしないと!」と言われていただろう。

先生も丸くなったな、と思った。と言っても2年くらいしか経ってないけど。

体癖

明日は横浜大口活元会です。

いつものお茶室の予約が上手いこと取れなかったので、明日はせい氣院の6畳の指導室でやります。(いけるかなー?:笑)

まぁ、言っちゃってやっちゃった以上はやるっきゃ騎士(ナイト)

とりあえずおしるこを作りすぎたので、ご参加のみなさんはごっくんごっくん!お願いします。(^▽^)問答無用だぜ。

こんにちは、あっひーですきゃー

今日は体癖の話ー^^

背骨の中で腰の動きと対応しているのは全部で5つ。

この5つの骨(腰椎;ようつい)のどこを基点として動作するかで、その人の性格と生活様式までもが決まってくる。

「体癖」というのを、ぐぐ~~っ!と煎じ詰めるとそういう話です。

これ以上体癖を説明しだすと、ちょっとここでは書ききれない題材なので、大幅に割愛します^^;

とにかく身体の運動習性とその人の心象はがっちりリンクしているのだ、と、そういう風に覚えておいてください。

それでこれを整体指導の現場でどう生かすか?と言うことなんですけど・・

体癖について考えるとき僕はいつもアンデルセン童話の「みにくいアヒルの子」を思い浮かべるんですね。

実際にあの童話の教訓ってどういうことなのか、はよくわからないんですけど・・。(きっと教訓があるはずだ、という読み方は余計なのか)

読む人の心理状態で受け取り方にもかなり個人差はありそうですよね。

それで、整体を仕事にしているあっひーの立ち位置からみると・・

「生き場所」

という言葉がポン!って浮かんででてくる。

「あなたにはあなたの良さがある」

「あなたにはあなたの幸せがある」

そんな風に言っているように聞こえるんです。

だから、アヒルの群れに入った白鳥もつらいけど、逆にアヒルが白鳥の群れに入ってもきついんです。

そういうことです。

その人がその人らしくある、っていうことは本人並びに周りの10人(たぶん)を幸せにします。

そして、「らしくない生き方」にはまり込んでしまうと、その人を中心に不協和音を生んで、なんだかその集団全体に妙な緊張を作ってしまう。

そういうことって世の中にいっぱいあるんです。ありますよね?^^

体癖を理解するっていうのは「わたしらしさって何?」というのを自分の身体から出発して、自分をよく知っていくことです。

そして自分を知って、今回の命をしっかり使っていく。一度しかない人生を「出し切る」ということ。

こんなことが学べるのが野口整体なんじゃないかな・・?^^

だから動物占いとか血液型占いみたいのとちょっと違った角度で、人生を創る筋道として考えてみるといいかもね。

「あなたにはあなたの良さがある」

「あなたにはあなたの幸せがある」

ね。

捻れ型・7種

先日のブログで『僕の地球を守って』を語ったら直撃世代のお客さんからなつかしくて、うれしかったといわれる。

「少女マンガが好きなんですか?」と問われるも漫画そのものよりも女の人の感性にノスタルジーを感じる性質(たち)なのだ。男の体に乙女の魂なのでこの現象は、「逆リボンの騎士」である。

僕はホントに甘い人間だし、基本的には理想主義なんだと思う。「人間とはこうあるべき」、「国とは、社会とはこうあらねばならない」という漠としたビジョンがいつも心の中心にあってそれが侵害されるたびに深く傷ついている。

たぶん大事なことをみんな漫画から学んだからじゃないかと思うのだけど。

そんなことを考えながらアイロンがけをしていたらふいに『バナナフィッシュ』のことを思い出した。

ニューヨークのストリートキッズのボス、通称アッシュ・リンクス(灰色の山猫)という少年が主人公の話だが、人間の暴力とか悪が横行する作品なのに情緒の扱いはきわめて繊細だ。

愛情って何?人間の幸せってどういうこと?を考えさせられる秀作。4種・6種・9種の人におすすめ。5種には勧めない。^^

アスラン・ジェイド・カーレンリース(通称:アッシュ)
アスラン・ジェイド・カーレンリース(通称:アッシュ)

IQ180(推定)の知能とSWAT並の身体能力と射撃のテクニックを持つストリートキッズのボス。

リバー・フェニックスにすごい似てる。

複合体癖について

こんにちは、横浜の野口整体 せい氣院の朝比奈です。

最近指導室ではピアノの伴奏 をかけています。流行りのヒーリング系の音楽なんだけど当たり障りなくて使いやすいですね。

野口整体の愛好者はパブロ・カザルスのチェロを聞く人が多いのです。野口先生が敬愛した奏者だから。わたしの場合は一人で聞いてると気分が重たくなってくるのであんまり聞かないな。同じチェロならヨーヨー・マの方が好きだ。9種と3種の違いかも。

わたしの体癖は3種がベースでそこに9種が混ざっている。左右型の体に9種の質。捻じれも結構ある。

だから偏り疲労を起こすと骨盤がしまったきびしくなる。だから急に周辺の空気がおも苦しくなるのだ。

3種・9種の複合体癖の特徴は・・・

・甘え方が非常に見事で、サッと泣ける。何か困ったことがあるとサッと涙を流してしまう。

・今笑っていても、次の瞬間にはサッと泣ける。そしてそれが通ると、機嫌のいい笑いがまたスパッと出てくる。

・9種というのは、種族保存の本能で動いているし、3種は自己保存の本能で動く。これが一体になっている3・9種は、ノリと勢いだけで生きているようなもの。

・本能の感覚が鋭い。

ということで、わたしなどは周りにはよく迷惑をかけている気がします‥。すいません。

ちなみにモーツァルトも3種・9種らしいです。9種の体つきの中に左右的な感性がある、という。

『アマデウス』という映画がありましたけどモーツァルトのイメージはこの映画の印象が一番濃いから、それとはちょっとイメージと違うかなあ。

おそらくはあんなに映画みたいにガヤガヤした人ではなかったと思う。「子供っぽい」、とか「甘えん坊」というのはあったかもしれないけど。

音調が柔らかいのと一曲の中にちゃんとした縦糸がある。これが9種的な纏まり方ではないだろうか。

基本的にお父さんに愛された人なんだと思う。お母さんも優しかったのではないだろうか。なんとなくだけど曲を聴いていると、世の中に対する恐れみたいなものを感じさせないから安心する。

体癖は一生ものだから変わらないのだけれども成長はする。

時間はかかるかもしれないけれど、自分を育てて体癖うまく使いこなせるように頑張ります。