太極拳の思い出

20代に太極拳の教室には2度通った。2つ目に通った先生が大変力のある人だったので、そこではじめて中国武術の奥深さに触れたのだった。

今まで各方面いろいろな「先生」にお会いしてきた中で、一目見て「これは人間業じゃない・・。」という圧倒的な力を見せていただいたのは、今の整体の師と、その太極拳の先生のお二人だけである。整体は見ての通りプロの道に入り、無二の生業となった。太極拳はと言うと、当時会社員をやっていたので通いきれず、あまりモノにはならないまま終わった。

ただ、何にも得るものなかったかというと、そうでもない。いわゆる基本功と呼ばれる基礎訓練はいまの仕事に大いに役立っている。特に放鬆(ファンソン)という身体中が液体のようにゆるゆるなリラックスの概念は、スポーツ空手で固める事ばかりをやっていた自分にとっては革命的に見えたものである。

俗に「東洋的身体」などというとアジア人が全部一纏めに扱われがちだが、「歌舞伎」と「京劇」があれ程ちがうように、とりわけ日本は東洋の中でも独特の身体性を発達させたと考えられる。かつての「先生」曰く、「アジアで身体が固いのは日本ぐらいだ」とおっしゃっていた。「ムエタイもテコンドーも、みんな柔らかいだろ?」と。ただこれは純粋の日本的身体ではなく、伝統的な身体が近代教育によって毒された結果の固さであろうと思う。特にスポーツ空手の型は腰を随意筋で反らして固める傾向に流れがちでなので、上半身と下半身の連絡性が極端に制限されるのだ。

整体でも身体から一切の「詰り・滞り」をとることは重要だ。そして脱力が透徹すれば腰は勝手に「入る」のだが、太極拳の場合は脱力した後も仙骨は重力に任せたままである。いずれにせよ日本語でいう「腰を落とす」ということは、「膝を曲げる」のとは別次元の感覚で、腰の中心寄りの筋肉(大腰筋等)が最大限にリラックスしていることを意味する。

今さら何でこんな話かと言うと、最近指導の現場で「どうすれば良い姿勢をとれるのか?」ということを個人個人、徹底考え抜くようになったのだ。そこでふと「はて?自分はどうやってるんだっけ?」と省みたら、ルーツは空手と太極拳にあったことに気づいた。将来的には「歩き方」、「坐り方」などを自身の体験からまとめてお教えできるようにしたいと思っている。

そういう仕事は既に多くの方が着手していると思うのだが、少なくとも「自分」として「これならまちがいない」という身体操法を見つけるまでは納得して死ねない。少なくとも明治維新前の日本人の身体性を掘り起こして、その認知から「体得・体認」まで漕ぎ着けたい。

日本は長い歴史の中で他民族からの外圧にさらされた事件が少なかったせいか、もともと「ナショナリズム」という概念が希薄だったのだ。異文化との垣根がますます低くなっていく現代において、自国の身体文化の境界線を改めて体現し、理論的にその価値を示せるようになることは有意義な仕事だと考えている。それは「野口整体」の価値を国の内外に示す上でも後押しになると思うのだ。そんな大風呂敷を広げながらも、「まずは着物が上手に着られるようになろうよ」といった所が自分の現在地なんだけど。千里の道も一歩からだな。

謙虚

先日空手の先生に会いに行いきました。今習っているわけではありませんが学生時代通った道場の先輩として大変良くしていただいた方です。

先輩は10歳位年上なのですがお会いすると体の鍛え方を教えてもらったり、逆に整体で学んだことや最近気づいたことを話してみたり、いつでもやさしく接して頂いて僕にとってはとてもありがたい人です。

この間のカンブリア宮殿で村上龍さんが「本物は謙虚だ」という言葉を残されていました。たゆまず努力している人は決して威張らないという話でした。常に改善点を求めて研究しているので・・・自然と誰に対しても謙虚になってしまうとのこと。僕も見習わないと。