客観性と論理性

野口整体の最大のつよみは創始者野口晴哉の極めて個性的な主観だ。

整体法は気の遠くなるほど膨大な臨床体験によって帰納的に編み出された「人間学」である。そのため現実から遊離した「学説」とか「観念論」が入りこむ余地はない。

つまり「私が見てきた人間はみなこうなっていた」という純粋な体験記であるために他人は反論のしようがないのだ。水をかけたら火が消えた、といっているようなものである。

それ故に「なぜそのような結果になるのか」という科学的な論理性や客観性は乏しい。

これに因んで野口先生による「説明は30年後誰かがやってくれるでしょう」という口述の記録が残っている。しかし没後40年経った現在、研究者がほとんどいないせいもあると思うが、体癖論などを一つ考えてみてもなぜ腰椎の重心位置と感受性がこうも深く関連しているのか、依然として説明はつかないままである。

せいぜい野口の後継者たちが同じように「確かに、そうである」という体験的事実を獲得し得るに留まる。

だからどうしても「野口教」とでもいうような、ある種の雰囲気に酔った人たちだけの価値観に落ち着いてしまうケースが多いし、野口整体インスパイア系のコミュニティに属さない「一般の方々」との溝は埋まらない。

個人的には稀代の人間探求家によって残されたこの目に見えない技術・論理体系に、公共性を持たせたいと思っている。

そこで、分野は違えど「人間の心」という極めて主観の横行しやすいフィールドをアカデミズムに組み込んだ、「精神分析」に範を求めようとしているのだ。

これは相当な大仕事だが「あやしげな整体」、「気の整体」といった遠巻きな世間の評価を少しでも覆せればそれで充分だ。そしてなんとなくだけど、そこにせい氣院の存在意義と伸びしろを感じる。

ただ、一応の大卒で一応卒論も命からがら通過したものの、それでアカデミズムのスタンダードがどれだけ身についているかというと悲しいかな「からっきし」である。

そんな理由から最近大学の恩師の論文を毎晩ぽつぽつ呼んでいる。論理性のなんたるかを一から勉強し直しているのだ。そして以外にこれが面白い。

実際やることは他にもいろいろあるのでかなり遅々とした歩みだが、一日一歩を地で行こうと思っている。