仰げば尊し

今日は妻子を伴って母校(大学)に行ってきた。お世話になったゼミの先生と連絡が取れて、ご挨拶に伺ったのだ。先生には10年以上お会いしていなかったのだけど、快く応対してくださって心の涙にぬれた。ほんとに泣いてはないけれど。思えば自分の半生は多くの師に恵まれ、支えられてきたものである。遅まきながら感謝の一念だ。

先生は学生から「きびしい」とか「こわい」とか言われる存在でもあったが、今の年齢に達して振り返ると、とにかく先生は優しかったのだ。むしろ現代の、いわゆる「最近の若者は」と言われるようなあどけなさの残る学生を相手とする以上、一定のきびしさを要するのは当然とすら思う。優しい方である。

指導者には、人を温かい目で見られる余裕というか器が必要だ。そのための人生経験も必要だし、自ら徳に磨きをかけるということも必定である。

先生は成績のけっして良くない自分を折に触れてほめてくれていた。いや、みんなに対してそうなのだが、人間というのはどうしても認められたとおりに、その方向に育つようだ。『小公子』のドリンコート伯爵もそうだったように、たった一人にでも「良し」と認められるとやはりその心を裏切れない。そういう善の心、本心良心のようなものが人間の中心には予め備わっている。

その本心良心が芽吹くためには、父性も母性もいる。この2つは「つよさ」と「やわらかさ」の相乗的なバランスで成り立つものだ。治療ということを考えても、やわらかい、静かな、小さなちからで良くなるのなら、それに越したことはない。

中国の古典『老子』にも、静かで柔らかいものが相手をリードする、と説かれている。我が身を鑑み、よくよく吟味すべしと思ったのだった。